こんにちは^^

介護福祉士実務者研修の受講料を貸付してもらえて条件をクリアすれば返金がいらない制度があることを皆さんはご存知でしたか?

三重県社会福祉協議会さんが昨年から導入した制度で、昨年はたくさんの申込あったと担当者から聞きました。

平成29年度の周知があったのでお知らせします。

当校の実務者研修コースの受講を検討されている方は、こちらを一度見てみてください。

また、介護福祉士実務者研修受講給付金貸付制度が変更されましたのでお知らせします。

変更点1.募集期間の制定

昨年は申請の募集期間が決められておりませんでしたが平成29年度から募集期間が定められました。

受付期間は、

平成29年8月1日(火) ~ 平成29年9月30日(土)

変更点2.対象者

対象者が次回の介護福祉士試験を受講する方へ制限されました。

【旧】
1.三重県内に住民登録をされている方
2.三重県内の介護福祉士実務者研修施設に在学し、介護福祉士の資格取得を目指している方
3.介護福祉士実務者研修施設を修了した日から1年以内に資格を取得・登録をし、三重県内の介護福祉施設等で、介護士の業務に従事しようとする方

【新】
1.三重県内に住民登録をされている方
2.平成29年1月1日~平成29年12月31日までに三重県内の介護福祉士実務者研修施設で受講または受講予定している方
3.平成30年1月の介護福祉士国家試験を受講される方

変更点3.返金の免除

※太字部分を追加
貸付金は以下の①~③のいずれかと④の条件を満たせば、免除となります。

① 業務経験が3年以上ある方の場合 注1
実務者研修を修了してから1年以内に介護福祉士試験に合格し「介護福祉士」の登録をされた方

② 業務経験が3年未満の方(3月までに3年になる見込み方)の場合 注2
実務者研修を修了しており業務経験が3年に達した日から1年以内に介護福祉士試験に合格し「介護福祉士」の登録をされた方

③ 貸付を受けたが介護福祉士試験に不合格となった方の場合
次年度の介護福祉士試験で合格し「介護福祉士」の登録をされた方

④ 県内で介護福祉士業務に2年間従事した方
介護福祉士登録が終了してから介護福祉士業務に2年間従事された方

注1.H29年1月~3月に実務者研修を修了し介護福祉士試験結果を待っている間に1年経った場合も対象となります。
注2.業務経験3年見込みで介護福祉士試験の受験された場合は3年に達した日から換算

変更点4.申請書類等

□  介護福祉士実務者研修受講資金貸付申請書(第1号様式②)
□  業務従事している事業所の推薦書(第4号様式)
□  誓約書(第5号様式)
□  個人情報の取扱いに関する同意書(第7号様式)
□  実務者研修施設での受講を証明する書類
□  世帯全員の住民票(マイナンバーを除く全ての記載のあるもの)
□  運転免許証または、公的機関が発行する顔写真付の証明書等のコピー
□  介護福祉士国家試験受験手数料の払込領収書のコピー