介護福祉士試験を受講するために必要な資格ということは前回述べましたが、実務者研修を取得するとどういったメリットがあるかご存知ですか?

1.介護福祉士の実技試験が免除

2.サービス提供責任者になれる

他にも、資格手当が増えるとか痰吸引や経管栄養の知識が学べるなど他にもメリットはあります。

介護福祉士試験の実技試験は筆記試験の合格者が受ける2次試験でしたが、実務者研修修了者は実技試験が免除となり、筆記試験さえ合格すれば介護福祉士試験が合格となります。また、サービス提供責任者にもなれる為、訪問介護事業所などで管理職にも就くことができます。

STEP2.実務者研修の内容を知ろう

①受講条件

実務者研修は介護福祉士を目指す方ならどなたでも受講できます。もちろん無資格者でもOKです。(※ただし、細かい条件は学校により異なりますので確認が必要。)

しかし、家事支援を中心とした研修制度が予定されていたり、認定介護福祉士という資格が出来たりと介護資格にも序列が確立しつつあるので

近い将来、無資格だと受験ができなくなるかもしれません。

無資格の方は早めに受講されることをおススメします。

 

②受講時間

実務者研修は20科目、合計450時間の研修が必要ですが

介護に関する資格、ヘルパー2級や初任者研修といった課程を修了している方には科目免除があり

・ヘルパ―2級・・・320時間

・初任者研修・・・320時間

・ヘルパー1級・・・95時間

・基礎研修・・・50時間

と修了している資格によって取得までの時間も様々です。

また、ほとんどの学校は「自宅学習+スクーリング」といった方法で修了を目指す形となります。

③研修期間

こちらも取得資格により違います。

無資格者・・・最短6カ月

有資格者・・・1ヵ月以上

無資格者は6カ月以上の在籍期間が必要となります。

介護の資格を持っている方は1カ月以上の在籍期間が必要となります。

 

④通学期間

毎週開講するのか、隔週なのか、1日の講義時間は何時間か・・・

働いている方や子育て中のママさんにとっては重要なポイントですよね。

スクーリングに必要な科目は「介護過程Ⅲ」と「医療的ケア」の2科目のみ。

スクーリングは学校により特徴があります。

毎週開講するコース、短時間のコース・・・学校によって特色が見えてきます。

通いやすい条件のコースを見つけることも学校選びのポイントですね。

 

介護スクールアマテラスのコースはこちらから確認できます。

次回は・・・申込の時期について